本文へジャンプ

リモートワーク的「雑談(≒コミュニケーション)」のススメ。

Posted by IZM

リモートワーク的雑談のススメ

リモートワーク真っ最中のみなさま、いかがお過ごしですか?

もともとリモートワークだった方ももちろんいらっしゃると思いますが、コロナの影響でリモート化した組織の方でもすでに3ヶ月を超える方もいると思います。

MD=リモート×変則シフト勤務

そんな中、弊社の場合は、"宣言"後の勤務体制は、出勤する日と自宅で働く日が混じる、「ハイブリッド・リモートワーク(変則シフト制)」というかたちに切り替えています。

社内に在席する人数を減らすことが大きな目的で、人によって出社日が異なります。

いうまでもなく、弊社の多くのクライアントさまもリモート勤務に切り替わっている組織がほとんどで、社外のみなさまとのミーティングは、ほぼオンライン会議になっています。

まだ数週間の経験ですが、「ハイブリッド・リモートワーク」という働き方で気付いたことは、通常勤務に戻っても活かせることも多いと思います。

すでに長期間実践している方たちの経験も参考にしつつ、リモートワーク生活を、華麗に乗り切ろうと思います。

リモートワーク的雑談のススメ

ハイブリッド・リモートワークのメリット

段取りをいつもよりも先まで考えるようになった。結果、仕事効率が上がった。

メンバーのスケジュールを先読みする

必要にかられて始めたことですが、メンバーのシフトを見ながら段取りを組まないといつもよりスケジュールに影響する可能性が高いため、より細かく段取りするようになりました。

いつもより資料をちゃんと準備する

オンラインだと、面と向かったミーティングのように相手の空気や感触をつかみながら会話をすることが難しいからこそ、お伝えしたいことが正確に、確実に伝わるように、用意する資料はより丁寧に準備をするようになりました。

結果的に作業効率がよくなったと思います。
通常モードに戻った後も続けようと思います!

意外と集中できる。

電話が鳴らない。ちょっとした雑談がない。

私の場合は、ですが、
自宅作業の場合、会社にいるときと比べると強制的に中断されることが少ないため、効率よく作業が進められます。

弊社の場合、出勤日とリモートワークの日があるため、なるべく期限に余裕があって、かつ集中して行いたい作業を在宅の日に行うように段取りをしました。

結果、自然とやることがはっきり切り分けられるため、これも効率化につながったと思います。

出勤準備・通勤がなくなったことで、朝夜の時間が確保できる

私の場合、想像していたよりも仕事前後の時間が確保できて、いつも週末まで後回しにしていた私用の一部を平日のうちに終わらせることができたことは、予想外の収穫でした。

平日に細々とした雑事を片付けることができて、いつもよりさらに週末と平日のメリハリをつけられました。
STAY HOMEとはいえ週末を全力で楽しみたい私にとっては、ラッキーでした!

ハイブリッド・リモートワークのデメリット

キャッチボールに時間がかかる。

もともと、弊社ではタスク管理ツールやチャットツールを導入していますし、特に私の所属するチームはもともとノートPCを使っていましたので、リモートワークで作業をする上で大きく困ることはありませんでした。

とはいえリモートでは、これまで口頭で補足・確認していたことをリアルタイムに伝えられない状況が生じます。

基本的には、タスク管理やチャットのツールでやりとりをしますが、どうしても、思ったことがすぐ伝わらない、やりとりに時間がかかることも。

そのため、verbal communicationをとったほうが効率がいいと思ったらすぐ、必要に応じてオンライン会議に切り替えました。

雑談時間がなくなった

どうでもいいこと、どうでもよくないことを含め、ちょっとしたことを話す時間が減ってしまいました。

メリットにも書いたように、目先の効率化には、間違いなくつながります。

ですが同時に、雑談は社内コミュニケーションには欠かせないモノだと思いますし、ちょっとひたヒントや気付き、さらには学びにもつながるチャンスタイムみたいな時間でもあると思っているので、どうにかできないかなと思いました。

リモートワーク的雑談のススメ

雑談の大切さ(コミュニケーション)

先にも書いたとおり、雑談がないことは、目先の効率化にはつながります。

一方で、チームでプロジェクトを進めるためには、コミュニケーションができるだけ単調に・一方通行にならないために、雑談的会話をどうやって交えて、相手の考えなどを聞き取っていくかが大事だと思っています。

クライアントとクリエイターの間に立って伝えることが多い立場だからこそ、普段より私が意識をしているのは、この点です。

行っていることは、verbal communicationをとるときに、できるだけ前後で雑談タイムを設けるぐらいなのですが、今は、普段よりも話すのではなく聞くことを意識しています。

ちなみに、すでにフルリモート期間がほぼ3ヶ月になる組織に所属している友人にこの話をしたところ、あえてオンラインで定期的に雑談時間を設けるという、より積極的な取り組みをしていました。

リモートワークなどの勤務形態は関係なく、チーム戦だからこそ、今、何を考えているか、何に取り組んでいるかを、お互いに知るということは大事ですね。

もちろんこれは、社内だけでなく、お客さまや協力会社など、お取引先の皆さまとのコミュニケーションも同様だと思います。

ということで。

弊社は、元気に稼働中です!
引き続き、皆さまからのご相談をお待ちしています。
雑談的なご相談も歓迎です!

おわりに

最後になりますが、最前線で対応されている医療従事者や関連するみなさま、対策に当たっていらっしゃるみなさま、協力のため全面休業をされているみなさまへ、心からの感謝と敬意を申し上げます。

Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
乃木坂・六本木 撮影配信スタジオ
すべてのコンテンツ/プラットフォームを、ひとつのコンテンツ管理システムで。