本文へジャンプ

有料イベントを限定ユーザーにオンラインで配信する方法

Posted by IZM

有料イベントを限定ユーザーにオンラインで配信する方法

目まぐるしくあっという間に1年が過ぎて、2021年もすでに4月。
すっかり春を迎えて、あっという間に桜も満開のピークを超え。
またミッドタウンの花見をしそこねました...。  

ミッドタウンの桜

もはや枕ことばとして日常化した、withコロナ。

そんな中だからこそ前向きに目の前の課題と向き合ってきた結果、2020年、老舗イベントプロデュース会社さまと多くの議論を重ねて、チケットを持っている人だけがアクセスできる、オンラインイベント視聴環境を生み出すことができました。

1. 多くのライブイベントやセミナー、会社行事などがオンライン化。

事実、いろいろな業界で、本当に多くの変化が起こっています。

弊社で特徴的だったのは、まさにリアルからオンライン化への波でした。

大きく影響があったのは、我々WEBプロダクション事業部ではなく、映像制作・ライブ配信を手掛けるLIVEプロダクション事業部なのですが、一時期は、本当にみんな倒れてしまうんじゃないかと心配になるぐらい、業界を問わず配信に関する多くのご相談をいただいていました。

2. チケット制ライブのオンライン配信を行いたい

そんな中、知人の紹介で、とあるイベントプロデュース会社さまから、イベントのオンライン化に関するご相談をいただきました。

ポイントは、主に以下の2点。

  • 有料ライブをオンラインで配信したい。
  • ターゲット層に合わせて、購入した人だけが平等に視聴できる、わかりやすい仕組みを実現したい。

まさにコロナの影響によってビジネス転換を検討されているということで、どんなかたちでの配信サービスであれば実現できるか、全くかたちのないところから多くの議論を重ねました。

PCやWebのリテラシーが高くない人でも確実に視聴画面にたどり着けるようにと開発したシステムは、機能を極力そぎおとした非常にシンプルなものになりました。

チケット決済機能も個人との連絡機能も削ぎ落として、ストリーミング自体はVimeoプラットフォームを活用。
機能としては、単純にWebブラウザで「限定ユーザーに向けた視聴環境」を提供するのみです。

3. さらに多くのニーズに応えるために

イベント開催ができなくて悩ましい状況にあるのは、これまでリアルで集客をして(または決まった人を対象に)イベントを開催していた主催者のみなさまが多いと思います。

ライブプロダクション事業部に昨年新規でご相談をいただいた方々にも、これまでだったら、会場でイベントを開催していた主催者の方が多くいらっしゃいます。

そして、限定ユーザーに向けた視聴機能をもつ配信のご相談をいただきます。

業界は様々で、もちろんエンタテイメント系のイベントに関するご相談が多いのですが、企業さまからの社内行事やセミナー、PR・IRイベントなどのオンライン化に関するご相談も多くいただいています。

つまり、そのようにこれまでもイベントを開催してきた方々は、チケットを販売・配布する仕組みや、対象のユーザーと連絡をとる方法は、すでに持っていることが多いと思います。

先にお話ししたイベントのために開発したシステムは、まさにそのような条件がそろっていたこともあり、できた仕組みは非常にシンプルなものです。

配信者の方が、このシステムのために用意するものは、配信する動画と、Vimeoアカウントと、サイトに掲載する情報のみ。
動画を自分たちで配信できない場合は、弊社のライブプロダクション事業部が配信業務をお受けすることもできます。

4. ストチケLite(STREAM TICKET LITE)としてパッケージ化

納得のいくまで議論を重ねた結果、手前味噌なのですが、本当にシンプルですが、"ちょうどいい"仕組みができあがりました。

そして、この仕組みが社内でも評価され、また、続々といただくニーズにも応えられる機能を持ったシステムであるということで、
この度晴れて、弊社4番目の自社商品「ストチケLite(STREAM TICKET LITE)」としてパッケージ化し、提供することになりました!

ストチケLiteイメージ1

ストチケLite(STREAM TICKET LITE) ってどんな機能をもっているの?

機能は、本当に、シンプルです。

  1. 最短5営業日前のお申し込みで、どなたでもすぐに配信ができます。
  2. 料金体系もシンプルに。220,000円(税込み)1パッケージで、1,000件の視聴に必要なシリアルコードもついてきます。
  3. 動画ページは、シリアルコードを知っている人しか視聴できません。
  4. ひとつのシリアルコードで、一人(ひとつの環境)でしか見ることができません。
  5. どのIDの人がどのタイミングから、どれぐらい視聴したかという、おおよその視聴データが取得できます。

ニーズに合わせたオプションや機能追加も、もちろん可能です。

  1. もちろんシリアルコードの追加も可能です(1,000件単位になります)。
  2. 弊社WEBプロダクション事業部による機能カスタマイズも可能です。
  3. 必要に応じて、弊社LIVE配信チームが、撮影から配信までお受けすることもできます。

5. ぜひお問い合わせください!

シンプルに機能を限定しているからこそ、カンタンに限定イベントを実現していただくことができます。
気になったところがあったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

詳しくは、こちらの商品紹介ページもぜひご覧ください!

ストチケLiteイメージ2

さらに!モンスターダイブのライブ配信サービス

そのほか、以下のようなサービスも展開しています。

ツイートをライブ配信に組み込む『TweetVision』

https://tweetvision.tv/

チケット販売型ライブ配信プラットフォーム『STREAM TICKET』

https://www.stream-ticket.com/

ライブ配信に最適なレンタルスタジオ『MONSTER STUDIO乃木坂』

https://www.monster-studio.jp/

ライブ配信でお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。

Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
乃木坂・六本木 撮影配信スタジオ
すべてのコンテンツ/プラットフォームを、ひとつのコンテンツ管理システムで。